So-net無料ブログ作成
検索選択

DMM mobile

格安SIMが流行中。デパートや家

格安SIMが流行中。



デパートや家電量販店に行くと、店頭で大々的に宣伝をしており、格安スマホに乗り換えようか悩んでる方も多いはずです。



格安スマホの最近の傾向として、価格競争が落ち着き、どこの会社もほとんど大差ない料金設定になっています。これ以上の価格が下がることはないと言われてるので、乗り換えるなら今がベスト!格安SIMは、月額料金がどれくらい安くなるかというと、私は、月額1万円程度の支払です。携帯機種を分割払いにしてるので、機種代を差し引くと、7000円を支払ってることになります。パケット通信は、毎月2GB以下なので、格安スマホのプランで見てみると、月額2000円で携帯が持てることになります。




月額7000円が2000円になるってことは、年間60000円の節約というわけです!良い時代になったものです。


格安SIMへの切り替えは、格安SIM事業者を選定し、申し込みます。



自宅にSIMカードが郵送されるので、届いたSIMカードを携帯端末に挿し込み、簡単な設定をすればすぐに利用可能に。



月々の携帯料金が3000円以下になるので、格安SIMは日に日に注目を集めています。





安いから通信可能エリアが狭いんじゃないの?なんて心配するかもしれませんが、心配無用!なぜなら、携帯大手三社の回線を借りてサービスをしてるので、通信エリアは大手携帯会社とまったく同じなのです。




携帯料金を安くしたいなら格安SIMへ乗り換えましょう。格安SIMに乗り換えると携帯料金が今の半分ほどになることも。デメリットは、エーユーやドコモのような店頭窓口でのサービスが受けれないことと、「@softbank.ne.jp」などのメールアドレスが利用できないことです。格安スマホを、決めるポイントとして、料金設定と電波の善し悪しがあげられますが、料金設定を見ればわかりますが、どこの格安スマホも似たような低価格設定になっています。通信回線は、docomoなどの大手携帯会社の回線を借りてるため、大手携帯会社が繋がるエリアでは、格安スマホも繋がります。そのことから、どこの格安スマホでも繋がりやすいし低価格というわけです。電波状況が同じで、価格帯もさほど変わりがないのなら、何を基準に格安スマホを選べば良いかと言うと、現金キャッシュバックなどの特典やキャンペーンを行ってる業者で選ぶのもオススメです。




nice!(0) 

nice! 0


Y!mobileオンラインストア