So-net無料ブログ作成

DMM mobile

格安スマホが大人気。雑誌などでも頻繁に取

格安スマホが大人気。雑誌などでも頻繁に取り上げられており、格安スマホに乗り換えようと考えてる方も多いはずです。



格安スマホの価格競争は、ひと段落して、どの会社も似たような料金設定になっています。




料金設定が落ち着いたということは、格安スマホに切り替えるなら「今でしょ!」と言えるわけです。



格安SIMを提供する事業者で、オススメなのがDMM。選ばれる理由は、低価格と通信の安定度。



業界最安値に挑戦!と公言してるだけあり、他社よりも低価格。



通信回線はドコモの回線なので、電波状況はドコモとまったく同じです。スマホはもうほとんどの人が持っているとっても便利なものですが料金が月に電話を使わなくても1万円弱くらいかかってしまう所が困る部分です。



そんなときにMVNOならば最安値だと月額490円でスマホを使うことができます。MVNOは簡単に言えばインターネットをするときに必要となるプロバイダと同じものになります。


MVNOは大手キャリアと同じ回線を利用していて通信ができるので通信ができないということはまずありません。




今までスマホが通信している場所なら通信エラーなどなく利用できます。はじめの契約費用で3000円くらいはかかるのですが月額料金の低いプランであれば月1000円ほどの基本料金でスマホを使うことができちゃうんです。MVNOを使うには難しいことはひとつもなくSIMフリーの携帯端末を購入してMVNOの会社にネットから申し込むだけなんです。




そのあとは自宅にシムカードが送られてきますのでシムカードをスマホに差し込むことで通信ができるようになります。


今利用のスマホを店頭でシムフリーにしてもらえば激安な通信料でMVNOを使うことができます。MVNOサービスの中にはMNPが利用できるサービスも非常に多くなってきているので番号を変える必要がないのでMVNOは利用しやすくなってきています。格安スマホを、選ぶコツとして、料金設定と電波の善し悪しがあげられますが、価格競争の影響で、どこの格安スマホ会社もほとんど大差がない価格になっています。通信回線は、auなどの大手キャリアの回線を借りてるため、大手キャリアが繋がるエリアなら、格安スマホも繋がります。なので、どこの格安スマホを選んでも、低価格で通信回線に問題わけです。電波状況が同じで、価格帯もさほど変わりがないのなら、何を基準に格安スマホを選べば良いかと言うと、現金キャッシュバックなどの特典やキャンペーンを行ってる業者で選ぶのもオススメです。格安スマホは、基本使用料が500円程度の安価なプランも存在します。


ただ、通話料が若干高めに設定されてる場合があります。最近では、電話代を節約するためにLINEで通話する方も増えてきました。通話無料アプリを駆使すれば、通話代がかからない為、基本使用料が安い格安スマホなら、月額500円程度で携帯電話を持つことも可能だと言えるでしょう。



nice!(0) 

nice! 0


Y!mobileオンラインストア